x
Lifeline

IMG_3402ライフラインをワイヤーからベクトランロープに交換。購入時に付いていたワイヤー自体は十分使える状態だったのですが、ワイヤーに巻かれてある白いカバーが劣化してみすぼらしい、ターミナル類も劣化していた、また他と違った少し個性的なヨットに仕上げたい、という理由から交換を決定しました。

IMG_3252当初はダイニーマかマーローブレードにしようと考えていましたが、これらは破断強度はワイヤーに比類するものの、伸縮がワイヤーに劣る。つまり伸びてしまうという欠点があります。因みに破断強度の比較はこちら。
ダイニーマ6mm :1.5t
マーローブレイド6mm :1.07t
ワイヤー7X19 4mm :1.53t

色々調べているうちに、海外では破断強度、伸縮共にワイヤーロープに勝るベクトランをライフラインにするケースが多いようで、ベクトランロープについても色々調べてみました。

IMG_3387まず破断強度はVectran 6mmで約3.6t。ワイヤーよりもはるかに強いですね。これならスプライス処理での強度劣化、またスレによる劣化が起こっても少しであれば問題なさそう。次に金額ですが、国内だと6mmがメートル単位で約1,000円。余裕を見て50mは必要なのでロープだけで約5万円。しかも色の選択肢がダークグレーのみ。う~ん、ふざけてますか?という事で海外を検索。一番安かったのはAPSで販売しているYaleというメーカーのもので、メートルあたり約450円。送料を入れても十分こちらの方が安いですね。これに決定。

次にターミナル類。通常のワイヤー用ターミナルではダメなので、こちらも海外から取り寄せです。(国内にはワイヤー用ターミナルしか販売していない)。C.S.Johnsonというメーカーからスプライスライン用のライフラインパーツが売り出されていて、値段も手ごろ。これらのパーツをDefenderで購入する事にしました。

IMG_3403こちらが完成図。なかなか個性的なルックスとなりました。ただしこれまで使ってみた感想として、☆破断強度や伸縮に問題はなさそうだが、スプライスした部分がどうしても伸びてしまう。従って設置当初は後で十分な長さを縮められるようにターミナルを設定しておく必要がある。☆スレには弱そうなので、スタンションなどへの接触部分はビニルテープなどでカバーしておく必要がある。☆紫外線に弱いと言われている(未確認)。などがあります。

< by Captain Takaya >

Leave a reply